【緊急経済対策】給付金10万円の対象や申請方法まとめ

雑談

2020/04/20夕方に総務省により、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」10万円の一律給付の概要を発表しました。
自分なりにまとめてみましたので読んで頂けたら幸いです。

給付対象者及び受給権者

給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている者

受給権者は、その者の属する世帯の世帯主

具体的には、国内に住む日本人と3か月を超える在留資格などを持ち住民票を届け出ている外国人が対象となります。

給付額

給付対象者1人につき10万円

給付金の申請及び給付の方法

    感染拡大防止の観点から、給付金の申請は①及び②を基本とし、給付は原則として申請者の本人名義の

    銀行口座への振り込みにより行う。

    (やむを得ない場合に限り、窓口における申請及び給付を認める。その際、受付窓口の分散や消毒薬の配置

    といった感染拡大防止策の徹底を図る。

    ①郵送申請方式

    市区町村から受給権者宛てに郵送された申請書に振り込み先口座を記入し、振込先口座の確認書類と

    本人確認書類の写しとともに市区町村に郵送

    ②オンライン申請方式(マイナンバーカード所持者が利用可能)

    マイナポータルから振込先口座を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし

    電子申請(電子署名により本人確認を実施し、本人確認書類は不要)

手続きについては、住民票がある市区町村から送られてくる申請書に

世帯主が本人名義の金融機関の口座番号などを記入し、口座を確認できる書類と

本人確認の書類のコピーを一緒に返送すれば、家族分の給付金がまとめて振り込まれる

仕組みにするということです。

便利なのは②のオンライン申請方式ですが、これにはマイナンバーカードが必須となります。

マイナンバーカードは通知カードと違い各人申請をしないと持っていないはずなので

多くの方が①になるのではないかと予想されます。

ちなみにマイナンバーカードは申請してからカードが届くまで1ヵ月くらいかかります。

申請の受け付けを開始する日は各市区町村が決めることになっていて、申請期限は

受け付け開始から3か月以内とするということです。

詐欺にはご注意を

もうすでにメールにて市役所への申請手続きを代行するなどと勧誘するメールが確認されているそうです。

総務省によると、給付金支給に際して、市町村や総務省がATMの操作や、手数料、個人情報や暗証番号を

求めるということはないとの事ですのでこれからしばらくの間は知らない人からのメールは開けないようにする等気を付けないといけないです。